•  
  •  
  • Bacillus anthracis炭疽菌 炭疽菌は19世紀末に世界で初めて病原菌として単離され、人類が初めて弱毒生菌ワクチンの開発に成功した細菌です。炭疽菌は炭疽を発症させる病原菌であり、ヒトでは主に皮膚(皮膚炭疽)、呼吸器(肺炭疽)および消化器(腸炭疽)に傷害を引き起こし、治療が遅れると致死率が90%を超える非常に危険な病原体です。 炭疽菌続きを読む
  • Clostridium botulinumボツリヌス菌 ボツリヌス菌は、長さ4~8 mmの大型細菌で、食中毒の原因菌です。ボツリヌス菌が産生する神経毒素は、体内に入ると神経の末端でアセチルコリンなどの神経伝達物質の放出を阻害します。そしてヒトや動物は筋肉が麻痺し、最悪の場合死に至ります。ボツリヌス神経毒素は無毒タンパク質と結合した“複合体”を形成しており、無毒タンパク質は神... ボツリヌス菌続きを読む
  • Bacillus subtilis納豆菌 発見されたのは1905年(明治38年)、農学博士の沢村真(澤村眞)によるものであり、納豆菌 納豆菌続きを読む

12466