•  
  •  
  • Staphylococcus aureus黄色ブドウ球菌 ブドウ球菌 (Staphylococcus) 属は、19世紀末に化膿巣からはじめて分離されました。菌の形態・配列がブドウの房状に見えることから、ブドウ球菌と名付けられました。 ブドウ球菌は、人や哺乳動物の皮膚や粘膜などに生息し、現在49種類の菌が知られています。その中で一番問題となるのが黄色ブドウ球菌 (S. aure... 黄色ブドウ球菌続きを読む
  • Paenibacillus larvaeアメリカ腐蛆病菌 腐蛆(ふそ)病は、細菌感染によって起こる蜜蜂の法定伝染病だ。死んだ幼虫や蛹(さなぎ)が腐るという共通の症状のため、まとめて腐蛆病と呼ばれているが、この病気にはアメリカ腐蛆病とヨーロッパ腐蛆病という全く異なる二つの病気が含まれる。 アメリカ腐蛆病は、1~2日齢の幼虫にアメリカ腐蛆病菌が感染することによって起こる。発症まで... アメリカ腐蛆病菌続きを読む
  • Shigella赤痢菌 赤痢菌はグラム陰性の短桿菌で、鞭毛はありません。A群からD群の4菌種(志賀赤痢菌Shigella dysenteriae、フレクスナー赤痢菌S. flexineri、ボイド赤痢菌S. boydii、ソンネイ赤痢菌S. sonnei)に分類され、腸管侵入性大腸菌とともに細菌性赤痢の原因菌として知られています。赤痢菌の主な... 赤痢菌続きを読む
  • Salmonellaサルモネラ菌 S. enterica(タイプ種) S. bongori S. subterranea サルモネラ (Salmonella) とは、グラム陰性 通性嫌気性桿菌の腸内細菌科の一属(サルモネラ属)に属する細菌のこと。主にヒトや動物の消化管に生息する腸内細菌の一種であり、その一部はヒトや動物に感染して病原性を示す。ヒトに対し... サルモネラ菌続きを読む

12486